2008年10月19日

瞑想

考えないこと、呼吸すること

ヨガを再開したりとか
NLPのCDも、瞑想CDも
そして今日かなり久々に泳ぎにいったら
同じ動きを繰り返し息継ぎをして進んでいくと
これもおんなじだなと感じたり

こういうこと、最近けっこう取り入れてみて、そのまま寝てしまったりがほとんどなんだが、やらないよりはやはりなんかが違うように感じる。考え事の循環にはまり込んで抜け出せなかったのが減ったようだし、体の疲れがそのまま思考の堂々巡りに陥っていくことも少ないように感じる。


宮崎駿が人を楽しませないと自分の価値がないように感じると、自分の作品で人が楽しんでくれたとき自分の存在が許されるように感じると云い、幼少期のなにかが関係しているのだろうがそれをほじくり返したいとは思わない、とにかくに私は人を楽しませるのが好きですよ、ときっぱり云ったのをみて、そのへんほじくり返さなくてもやっていくことはできるというまずひとり具体的にその人がいるということに少なからず心強いものを感じつつ、しかしそこになにかしら痛いものを感じもした、いまさらそんなもんほじくり返してどうするのかという、けどやはりなにかが癒されたいとあの人の心の中で待っているものがあるんではないかと感じた、それを思って作品を作り続けているのだろう、人を楽しませることで癒されるものが、

しかしこんだけたくさんの作品を作り、こういうクリエイティブとは無縁の仕事をしておる人間とは比べ物にならないほどたくさんの人を楽しませているであろうと思うのに、それでもやはり癒されきれないなにかを抱えているように見えるこの人の痛みとはなんだろうか

たとえ死ぬまでなにかが癒されなかろうと、それでも生きていていいんだよなあ、そういうことなのだよなあ、きっと
癒しきれないなんかをずっと抱えていたって、生まれてきた以上は死ぬまでは生きていく、それだけのこと
そこに生まれてきた意味とか、生きていく意味とか、そんなもん見いだせずとも、生きていていいんだよ、な
まだそのへんに確信を持って強く言い切れるパワーが足りてはいないようだが、まあ、少しずつ
posted by みつこ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。