2013年05月24日

欲しがらないことの貯金

欲しい欲しいと求めずに、心の中で静かに望みつつも、まずはそれが得られるような自分であること、を、考えていれば、そうなったときにちゃんとそうなるのだろうと、思った出来事。

それは、きっとなんでもそうで、その準備が整った自分でいて、受け入れる気持ちになったら、それは自然と入り込んでくる。そういうものなのだろう。

欲しい欲しいと言わずに、静かに受け入れ体制を整えていこう。それは精神的にも、物理的にも、両方のはなし。

そうだったな、あの時も。執着をやめたときに手に入る、そのようにできているんだな。知ってたじゃん。でも、また新しく思い出した。

あんなものやこんなこと、欲しがらなくなって数年経つ。それをやめた分の貯金がここまで貯まったかと、例えていうならそんな感じ。でも、我慢してたわけじゃなくて、欲しいと思わなくなっただけだった、貯金してたつもりも全然ない。そういう方面からうれしいことはやってくる。

ある面ではとても贅沢になったのだと思う。アタマで考えられる範囲で欲しいと思えるようなものは、欲しくないっていうカラダになっちゃったんだからなあ。

なにも求めないことによっての方が得るものは大きいのかもしれない。
しかしそれは結果としてそうなるだけで、意図してできるものでもないんだろう。
posted by みつこ at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

働いてそして休む

久しぶりに自分のブログにログインしたのだ

3月あたりからずっとどうにも仕事の方面が山盛りで、ちゃんと文章を書くということに向かって座る余裕がなかった感じ。いっぱい書くところがある手帳を買ったのに真っ白のページがずっと続いていたし。

でも、そんな日々の中でも頭の中では常になにかの考えが練られていたりはするもので、だけどちゃんとなにかに書き留めて(まさに留めて)おかないと、そういうのってその時にふっと出てきて、ふっと飛んでいってしまって、それで終わりだったりもするん。

けど一方でそうやって飛んでいってしまったように思ったものも、またなにかを練っていると、ひょいっと戻ってきたりもするので、あるイミでは、あっ取り逃したって気がしても、まあたぶん戻ってくるっしょと、深追いしないで放っておくこともできるようになった。もし戻ってこないものがあってもそれは戻ってこないのだから思い出すこともなくて、ないものとおんなんじだもんね。

と、久々の更新だけども相変わらずこんな感じですだよ。

で、5月の連休が終わって一気に仕事量が減って、そのあんまりの落差に、激しくほけぇぇぇ〜ってなって職場でもおうちでもだらーっと、休んでいる、努めて休んでいる、休みすぎてゆるみすぎて久々に頭痛がする、というくらいに。で、そろそろちょっと動き出そうかな。

放置気味の過去の記事は懲りずに遡りつつアップするつもりです。
特にタイムリーな内容だとかということを書いているつもりもないので、いつ誰がたまたま行き当たっても、いつか誰かがこんなこと考えていたーということに興味を持って読んでもらえるなら、それでいいのだしね、と。
posted by みつこ at 18:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

久々の仲間と語り

人の人生により強く影響を与えるのは、
時間の長さじゃなくて、
潜った深さなんだなあと、
改めて思った、

けれども、

その深いとか長いとかは、
いい悪いや優劣とかとは、
直接的にはなんら関係のないことだとも、

やっぱり思った。
posted by みつこ at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。