2015年05月02日

暗黙の了解はどこに格納されてるか

ツ、ツライかも・・・

仕事が少し落ち着いてみたら、実は体のキツさや、時間に追われてるストレスとかそういうことではなくて、違うことでダメージを受けてるんじゃないかって気がしてきた。

その昔とにかくいろんなことが不安だった頃の最後の残骸のようなもの、時間とかいうものへの不信感が残っている。

今日が○年○月○日で、いま何時何分なんていうのは、本当のところはどうやって確かめるの?ってことへの。

で、知らん顔して仕事してるけど、私が手配したなんらかのサービスが、本当にその日その時間に客に提供されるのかということに対して、なにか根本的な不安感がある。

私の仕事は直接お客さん本人に会うことはあまりなくて、いろんなサービスを行う人たちにそれぞれの場面で必要なサービスを提供してもらうべく手配するのが主な仕事であるのだから、私がいないとこで、手配した通りにみなさんが業務を遂行していることを信じて任せるしかないのだけど。

人を信頼するとかの問題じゃなくて、今日は本当に○月○日なのか、何時何分の便でお客さんが到着するという約束事は現実なのかどうか、この人たちを出迎えるために依頼した人と車が、今日がその日だと認識してその場所に向かうのかどうか。

いや、実際こう文字にしてみるとなかなか笑えるなってのと、結構深刻ですねってのと両方わかる。

そうに決まってると思わないとそもそも仕事も何も成り立たないので、そういうことにして生きているけど、本当の本当には納得できてないのがわかってるから、常にそこはかとない不安感があるのだなあって。

そんなことをふっと仕事が途切れた隙に思い出しちゃったら、それって結構じわじわとダメージ蓄積してるなあって。

まあでもね、そういう不思議を思う存分アタマの中でこねくり回して遊ぶ時間と気持ちの余裕がありさえすれば、乗り切れるぐらいの心の体力が育ってることも知ってるのだよ。

もうちょっと鍛えたら、もうちょっと大変な時でもだいじょうぶになってくるかなあ。
posted by みつこ at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。