2014年07月03日

ちょっとばかしの愛するってのを

ラングストン・ヒューズの詩でそういうのがあって、これを渡さんが歌ってたような気がして、でも見つけられずにいたけど、シャッフルしててたまたま聞こえてきた。加川良さんの歌だった。

「助言」
ラングストン・ヒューズ/木島始 訳

みんな、云っとくがな、
生れるってな、つらいし
死ぬってな、みすぼらしいよ───
んだから、掴まえろよ
ちっとばかし 愛するってのを
その間にな。

----
Advice

Folks, I'm telling you,
Birthing is hard
And Dying is mean
So get yourself
Some loving in between.

- Langston Hughes


加川良さんの「夜明け」という曲。
ミシシッピ・ジョン・ハートの曲にラングストン・ヒューズの詩をのっけたものだそうで。

生まれるって辛いね
死ぬってことは寂しいね
だからその間につかもう
ちょっとばかしの愛するってのを


そして、ネットでいろいろ関連情報を見ていてもうひとつ、ああ、やっぱりそうだよね・・・!と思ったのは、ブルーハーツの「チェインギャング」

生きているってことは恰好悪いかもしれない
死んでしまうということはとってもみじめなものだろ
だから親愛なる人よ その間にほんの少し
人を愛するってことをしっかりとつかまえるんだ
posted by みつこ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。