2015年04月22日

与える人/奪う人

もうちょっとがんばりたまへよ、と自分でもわかってるけどねってことを言ってくれるのはやっぱり主治医だけなので、ありがたいな。
改めて言うけど、これ結構大変な病気なんだからねって。
その割には頑張ってるよねってのは他の人が言ってくれるだろうけど、僕はそういうワケにはいかないよ、と。

いま忙しくてまあいっか、しょうがないやってなってること、僕には言い訳できるけど、将来の自分がその言い訳を許してあげられるのかってとこだよね。そこまで自分で納得してやってるのか。


大事な視点だなと思った。
私は過去の自分がやらかしたこともいまは受け入れちゃってるし、これからもきっとそうだろうなって思うけど、将来もずっとそう思えるように、日々を暮らしたいなあと。改めて。

そう言うことが言える主治医がやっぱり好きだなあとも思うのだったww
純粋培養バンザイ\(^o^)/

--
疲れたまんまで月曜出勤したらなんか更にげっそりしちゃって、早退して、昨日は休んででも人の少ない夜だけ出社してなんてやって、人との関わりを避けて消耗しないようにしてたけど、主治医みたいに会うと元気になれる人もいる。
役割や立場だけ見ると与える側であってもいいはずの人が奪うばかりのこともある。

ここ数日の自分の行動は、消耗してる状態でこれ以上奪われないための自己防衛だったんだなあって振り返るとそう思う。普段だったら自分なりのバリアみたいなものがあって、どんな人と接しても、ああ奪う人だなあって思っても、自分の中で修復できてたけど、最近の疲れすぎの自分ではエネルギーだだ漏れで守りきれてなかったんだな、それを自分なりにわかってて篭もろうとしてたんだと思う。
posted by みつこ at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。